タスキをつなぐ

能登森林組合 輪島支所 泉 健一



■私の"もう一つの顔”


走り始めたきっかけは、無理やり走らされた地元の駅伝大会に出た事が始まりです。


その駅伝も出場回数20回以上になりました。それ以外の大会にもエントリーして金沢マラソンも3回出場しました。


仕事が終わってから週5回くらい10㎞走っています。走り始めは辛いのですが、終わった後は達成感とスッキリした気分になります。


■仕事を語る


林業も駅伝に例えると、タスキを引き継いでゴールを目指すようなもので、「植林する時代」から「伐採する時代」まで世代交代で引き継ぎをしていかなければ、ゴールが見えないようなもの。


今こそが次世代の引継ぎの中継点ではないでしょうか?

その為にも境界明確化や地区の精通者が不可欠です。



Copyright(c)2013 公益財団法人石川県林業労働対策基金, all right reserved